脇の下の過度の発汗とは何ですか?
Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.

脇の下の過度の発汗または脇の下の多汗症は、周囲の温度に関係なく、生理的機能のために必要以上に汗をかく状態です。通常は特発性です(他の原因が見つからないことを意味します)が、甲状腺機能亢進症、糖尿病、特定の神経の状態、抗うつ薬など、特定の状態や薬物によって引き起こされることがあります。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
どのくらい一般的ですか?

米国では、約3700万人である人口の約1.4%がこの状態に苦しんでいると推定されています。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
なぜ気にする必要がありますか?

多汗症は多くの社会的な当惑を引き起こします。多汗症患者の一部は、同時に悪臭を伴います。それは、恥ずかしさを引き起こす多汗症の悪循環であり、恥ずかしさは多汗症を引き起こします。目標は、サイクルを断ち切ることです。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
その症状に適した治療法は何ですか?

現在の治療法は一時的なものから永久的なものまでさまざまです。一時的な治療オプションの例は、経口抗コリン作用薬、汗腺への神経毒、外科的オプションです。 Miradryなどのマイクロ波治療は、永続的な結果をもたらすことが証明されています。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
Miradryとは何ですか?

Miradryは第3世代のマイクロ波デバイスで、マイクロ波を使用して汗と臭い腺を破壊し、皮膚を傷つけずに脇の下の多汗症を治療します。ダウンタイムは最小限で、FDAに2011年以来承認されており、結果は永続的です。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
誰が治療に適していますか?

医師は通常、Hydrohydrosis Severity Scaleを使用して状態の重症度を評価します

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
重症度の評価指数は?
  • 1. 汗がほとんど気にならない
  • 2. 汗は気になることはあるが、生活に支障はない
  • 3. 汗がかなり気になり、生活に支障がある
  • 4. 日常的に気になり、生活に支障がある

HSS 3または4の患者が適していますが、HSSスコアが2の患者を治療することもあります。Miradry治療には、次のような禁忌があります。誰が治療に適していますか?

  • 1. 以前に脇の下の領域への手術経験がある患者
  • 2. 妊娠中
  • 3. リドカインおよびエピネフリンにアレルギー反応がある患者
  • 4. 脇の下またはペースメーカーに非常に近いインプラントがある患者
  • 5. 酸素療法を受けている患者
  • 6. 18歳未満
Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
Miradryはどの程度効果的ですか?

Miradryの効果は最大82%であることが証明されています。実際には、有効性は50%から90%以上までの範囲で、個人により変わります。したがって、それは技術的に完全に脇の汗を感じないという感覚ではありません。ほとんどの患者はまだ脇の下の周りに汗を感じることができます。一部の患者では、目的の結果を得るために、手順をさらに1〜2回繰り返す必要がある場合があります。全体的な満足度は最大90%です。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
副作用は何ですか?

副作用は一般に穏やかで一過性です。違和感などは1週間程度で無くなります。ほとんどの患者は治療後に鎮痛を必要としません。必要な場合はパラセタモールで十分です。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
脇の下の汗腺はどうなりますか?

総体腺の2%を構成する汗腺とにおい腺は永久に破壊されます。ただし、他の地域の汗腺が98%残っているため、身体は冷やす能力を失うことはありません。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
それはどのように行われますか?

手順を開始する前に、看護師はその領域を剃って掃除します。麻痺性クリーム(オプション)を少なくとも20分間塗布します。次に、医師は治療領域のサイズを決め、マークを付けます。リドカイン2%、エピネフリン1:200000、および250mlの通常の生理食塩水で構成される麻痺溶液が、全体の領域に注入されます。一時的な治療のタトゥーは、マークされた領域に刻印されます。それに応じてMiradryハンドピースで治療が開始されます

ミラドライ

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
治療後にどのような効果が期待できますか?

効果は即時です。治療後は、汗、におい、脇の下の毛も少なくなります。数日間分お渡ししているアイスパックを使用して、腫れ、あざ、赤みを和らげます。 3日間のランニングなどの激しい運動は避けてください。患者は、あざを減らすために、治療当日はアルコールを摂取しないように勧められています。医師は、手順の2か月目と6か月目に経過を追跡します。クリニックはwhatsappを介していつでも連絡可能です。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
2回目の治療が必要な場合はどうなりますか?

2回目の治療は、最後の手順から6か月後に行う必要があります。同じことが3番目の治療にも当てはまります。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
どのくらいの頻度で人々は複数の治療を必要としますか?

私たちのデータに基づくと、2回目の治療が必要な患者は10%未満です。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
脇の下の臭いがまだ気になる場合はどうなりますか?

2番目の治療に進む前に、まずレーザー脱毛を行うことをお勧めします。

Tokyo Garden Clinic Pte Ltd.
参考文献
  • 1. I.サンチェスカルピンテロ、A。マルティン・ゴルゴホ、R。ルイス・ロドリゲス。腋窩多汗症および臭汗症のマイクロ波治療。 ClínicaRuber yClínicaDermatológicaInternacional、マドリード、スペイン。 2017年4月22日。
  • 2. H. CHIH-HO HONG、MD、FRCPC、MARK LUPIN、MD、FRCPC、およびKATHRYN F. O’SHAUGHNESSY、PHD。腋窩多汗症を治療するためのマイクロ波デバイスの臨床評価。皮膚外科。 2012; 38(5):728-735。
  • 3. Lupin M、Hong HC、O’Shaughnessy KF。マイクロ波装置による腋窩多汗症の治療のための長期的な有効性と生活の質の評価。皮膚外科。 2014; 40(7):805-807。
  • 4. Hung‐Hsu Yang MD | Yong Miao MD、PhD | Yu‐Tsung Chen MD | Zhi‐Qi Hu MD、PhD。腋窩の臭化症治療への最小侵襲的アプローチ:表面的な脂肪吸引術と自動シェーバー掻爬術、皮下レーザー治療、および修正された技術によるマイクロ波ベースの治療の比較。 DOI:10.1111 / jocd.12731
  • 5. Jessi E. Johnson、PhD、Kathryn F. O’Shaughnessy、PhD、Steve Kim、MS。汗腺のマイクロ波熱分解。外科および医学におけるレーザー44:20–25(2012)
ミラドライ:
ミラドライ: 半永久的な多汗症・わきが治療
治療の流れ

施術時間は局所麻酔も含めて約1時間です。

有毛部の位置、わきの大きさや発汗する部位を参考に、テンプレートを使って、それぞれに適したマーキングをつけていきます。 

治療範囲に局所麻酔を行います

皮膚を吸引しながらマイクロウエーブ(マイクロ波)を照射していきます。

施術部位の冷却を行います。その後、通常の日常生活へ戻っていただいてかまいません。激しい運動は、2,3日は避けてください。

よくある質問

Q: 脇の下の汗腺がなくなった場合、なにか問題はありますか?

特に問題はありません。人間の体には、体温調節のために200万以上のアポクリン腺、エクリン腺があります。そのうち、2%以下の汗腺が脇の下に存在します。そのため、体温調節においては脇の下の汗腺が無くなる事の影響はほとんどないといえます。

Q: どのような結果が期待できますか?

ほとんどの方は、治療後よりわきの汗が出なくなるなどの変化を感じます。個人によって結果は異なりますが、平均で82%の効果が得られることが確認されています。

Q: 何回治療が必要ですか?

個人差はありますが、通常は1~2回の治療です。

Q: ダウンタイムはありますか?

ミラドライ後はわきの下が腫れますが、仕事や日常生活を中止する必要はありません。

お問い合わせ
Top